コティケミストと109個目の煩悩

darwinism.exblog.jp
ブログトップ

山旅 日本一へ!

富士山に登って来ます!
f0164512_17475111.jpg


道中バスより

[PR]
# by konzerte0601 | 2017-07-08 17:46

旅 伊豆長岡温泉編 後編

朝からモリモリご飯をいただいて宿を出た
小さなおかずが20種類はあって、迷い箸してしまったし本当に美味しくてご飯2杯食べた

バスで駿河湾方面へ出て、海岸線沿いから登山開始
海抜ゼロからのスタートだ

里山歩きのように、民家の横道をグググッと入ってゆくと、そこに登山口
誰ともすれ違わず
ひたすら登る
なかなかの急登
近日に雨が降ったあとなのか、緑がイキイキしている
途中の休憩展望台での景色
三角の小島が可愛い
f0164512_18402484.jpg


1時間ほど頑張ると頂上
原っぱに木がポクっと植えてあって、なんだかメルヘンな頂上だった
f0164512_18402502.jpg


奥に富士山
絶景!
発端丈山山頂
f0164512_18402632.jpg


ここから隣の山へ縦走
下ったり登ったり
沼津アルプスの向こうに富士山
f0164512_18402642.jpg


ロープウェイを横目にあと一息踏ん張ると
葛城山山頂到着
f0164512_18402704.jpg

パノラマは見にくいかな…

頂上に足湯!!幸せ!!!!
本当に足が軽くなった
f0164512_18402703.jpg



ここらが一気にロープウェイで下る下る
450メートルを一気に

下で待っていたのはこんな美味しい醤油ラーメン!おじちゃんとその家族達がやってる食堂で
f0164512_18402816.jpg

歳をとって来たら、こういうあっさりした醤油ラーメンが大好きになって来た。450円也。

そこからもうひとっ風呂浴びに日帰り温泉へ
写真はないが、屋上露天風呂から富士山どかーんと見えた。裸で横になって寝てしまった。日焼けしたなぁきっと。

あとはまたバスでまっすぐ新宿へ
美味しいものたくさん食べてよく喋りよく歩きよく飲み温泉に浸かり、人生の集大成のような旅だった

また頑張って働こう
持つべきものは、グダッて飲める女友達だ
最後にこちらは伊豆を走るラッピングバス
停留所の名を読み上げる声も、有名な声優さんらしき人の声だった!頑張れ伊豆長岡、そして中伊豆!私はまた来ます。
f0164512_18402902.jpg







[PR]
# by konzerte0601 | 2017-05-02 18:20

旅 伊豆長岡温泉編

女友達と1泊2日で旅して来ました
バス往復による伊豆長岡温泉の旅

友達は、次の日のハイキングのためにとてもでかいリュックを背負って来た
スティック2本もバッチリ装備して
私はというと、小さなリュックの中に半分ぐらいの荷物
準備の習性の違い。

まずは新宿バスタから修善寺へ
修善寺ってこじんまりしていた
それでも庭園は綺麗に整えられていてとても感じがいい空気。
f0164512_17080733.jpg


魚屋がやってる食堂で海鮮丼
f0164512_17080813.jpg


川沿いの茶屋でティータイム
f0164512_17080857.jpg

ほうじ茶ラテって、ほうじ茶とミルクだということを知り驚く。驚いていることに友人が驚く
旅は新しい発見だらけだ
ラテは少し甘かった

バス停前の足湯につかりバスを待ち宿へ
f0164512_17080920.jpg


なんと、宿の宿泊客は私たちだけだったがびーーーーん😳この人たちが私たち二人のためだけに働いているのかと思うと申し訳なくいたたまれなくなったが、お金はちゃんと払っているのでずいぶん堪能させていただいた。

ご飯もお風呂も最高!!!!
f0164512_17081097.jpg


f0164512_17081117.jpg
f0164512_17081189.jpg


f0164512_17081255.jpg


f0164512_17081325.jpg

潰れないで続いてくれるといいな。

部屋で、アニマルプラネットを見てワーワー言いながら寝た。
寝たと言っても私はぐうぐう寝たが友達は私のいびきと持ち前の環境不適応力発揮で全く眠れなったみたいだ。申し訳ない。


ズボラな二人のダラダラ旅行は、たまに空気を歪ませながら、なだらかに流れてゆく


[PR]
# by konzerte0601 | 2017-05-02 16:57
とある連休
泊まりで長野にでも一人旅に出ようと思っていたが、1日目が完全に土砂降りの雨予報。
なので、雨の日は東京、次の日に日帰り旅に出かけることにした。

お客様から聞いていて、最高のコスパのこちら
みさきまぐろ切符

品川からの三浦半島往復乗車券
三浦半島でのバス周遊券
好きな食事処選んでマグロざんまい食事券
お土産もしくはレジャー切符(1000円相当)

これらがついて、なんと
¥3060!!
安い。コスパ最高。おそらく5000円以上分は詰め込まれているかと。

連休初日を、映画トレインスポッティング2に当てて、夜は美味しいご飯を食べに出かけた。
その際にご飯が美味しすぎて日本酒を100杯ぐらい飲んでしまったので(比喩です)、デロデロの2日酔いでスタート。
それでも京急線に飛び乗った私ってつくづく凄いな。

天気、快晴。
三崎口という駅に着いたら、すぐにトイレへ駆け込んだ。
お、お腹が痛い、、、、
なんの苦行なんだ、、、
気を取り直してバス停へ。まぐろ切符のパンフレットを持った5〜60代のおばさま達が列をなす。
後ろにいた方達とバスの時刻について話していたら、
「あなたはどこでご飯食べるの?私たちはここー!たくさん量がるから!」
だって。可愛い。食べることは生きることだ。素敵である。

「ええと、ここに行こうと思ってますが今んとこ2日酔いでまだお腹空いてなくて……。なのでこの辺をぐるり散歩してからお昼食べようと思います。」

「いいね!酔い覚まししてからならまたビール飲めるものね!!!!」

魂胆は読まれていたのであった。

バスで30分弱、三浦半島の先にある城ヶ島というところへ向かった。
公園を散歩しようと思っていたのでそれ付近のバス停でボタンを押したが、降りたのは私1人だけであった。間も無くお昼時、みんな頭はご飯のことでいっぱいなのだ。
海岸線へ出て沿いに歩く
間も無く展望台
f0164512_06393864.jpg

うむ、いい断崖である。

気持ちが悪いと気持ちが良いを2分頻度で繰り返す。少しづつお酒が抜けてきた。

もっと奥まで歩くと、馬の背門という所に出た。
f0164512_06393979.jpg

波の侵食で、岩に穴が空いたらしい。
穴の形も気になったが、上の部分があんなに真っ直ぐなのすごくないか??
穴が先か、線が先か……
カッパドキアや鍾乳洞など、どうも奇形岩に魅かれる。数組のカップルに囲まれ、1人で波打ち際の小さなヤドカリを眺め、私もたくましくなったもんだと感心した。
f0164512_06393970.jpg



道を戻る。
島の東の果てにある灯台を目指した
f0164512_06394033.jpg


結構遠い。灯台まで2キロほどの看板を頼りに。
すれ違う人はいず、ひたすら歩く。
猫と1度だけお会いした。笹薮へ消えて行った。

突然視界がひらけたと思ったら、いきなり民宿や住宅が広がっている。

??
なぜ公園の中に住宅??街が??
目線を上げるとちゃんと灯台も見えていた。
不思議なところへ迷い込んだと思い地図を開くと、なんと、東じゃなくて西の果ての灯台まで歩いてきてしまっていた、、、島には灯台が2つあったのだった!

公園の新緑と穏やかな風景をを見逃したが、食堂が立ち並ぶエリアに来てしまったので、若干お酒残ってるがお昼を食べることにした。
少しあっさりめの、しらす丼とマグロ刺身を出すお店を選んで入店。
マグロ食事券を出すと、
「今日はこちらのお刺身定食に変更できますよ。お得だし、オススメです。」
と言われ、¥2160とあったので、二つ返事で
「本当ですか?!じゃあそれで!あと瓶ビールも…」
とポロリ言ってしまった。
f0164512_22423726.jpg

f0164512_22423812.jpg

中トロ
赤身
すき身 の3種マグロと
サザエ
釜揚げシラス
の5種盛り!!!!
イエーーーーイ!カンパーイ!!

観光客におひとり様女はいなかったが、かまわずにもぐもぐ堪能✨
座敷で足伸ばして幸せだった。

さてと、最後に灯台を見ながら島の東端にある京急ホテルが経営してるお風呂へ
f0164512_22423813.jpg


露天風呂からは三浦の海が一望🌴✨
この頃には2日酔いも飛び、散歩で疲れた体もお風呂で癒されて満喫〜

てな訳で、そこからバスでビュンと御崎口まで戻り、あっという間に品川に戻って来たのが5:30ぐらい。
かるーく言って来られる超お得切符なのだった!
ちなみにこのあと結局友人と新宿で落ち合ってハシゴの旅になるのだった…あははは。
f0164512_22423966.jpg



[PR]
# by konzerte0601 | 2017-04-17 06:04

遅めの新年会

友達を呼んで新年会
f0164512_23242036.jpg



自由。
ピアノ弾いてる人と飲んでる人と習字する人とそこに変な時間に帰ってきた弟。

今年わたしはこれです。
f0164512_23242128.jpg


過信しないこと。

謙虚に生きてるつもりだけど
いつの間にか調子に乗ったり、もう少しいけるだろうとして気付いたときにはキャパオーバー。

もう少し自分の余裕を知ること。それだけだ。
[PR]
# by konzerte0601 | 2017-02-08 23:22

休前日

ひとりでか鍋豚しゃぶ。
いも焼酎お湯割。
至高。
f0164512_21405407.jpg


[PR]
# by konzerte0601 | 2017-02-03 21:40

109個目の煩悩を求める色黒女の奔走記


by konzerte0601